今までの経験に基づき、トラブルが起きた主な原因と予防策をまとめてみました。

デスクトップに、写真や動画など大きなファイルを保存しない。

起動するときに中身のチェックを行うため、ハードディスクに非常に負荷がかかります。
ハードディスクの寿命が縮み、故障が早まります。
ピクチャ、ドキュメントなどのフォルダに整理しましょう。
 

セキュリティソフトは1つだけインストールする。

セキュリティソフトは、1つだけで十分です。
強化と思って2つインストールしないようにしましょう。
動作が著しく遅くなります。
また高度なセキュリティソフトは、旧式のパソコンへのインストールは避けましょう。
 

メモリは、そのパソコンの最大値まで増設する。

動作のスピードに大きく影響します。最初に増設するのがベスト。
RAM 1GB(最大4GB)などとスペック表に書かれています。
全体の動きが速くなり、ハードディスクの寿命を延ばします。
機種によって適合が違うので、選定はPC-you援隊にお任せください。
 

電源はこまめに切らないで、短時間ならスリープを使う。

起動時に最も電力を使うのと、ハードディスクへのアクセスが激しいので、
1時間以内にまた使うような場合スリープモードを使用する事。
消費電力が抑えられ、ハードディスクの寿命も延ばせます。
 

ノートパソコンのフタは、真ん中を持ち上げ、隅の方は持ち上げない。

力のかかり方が偏って、ヒンジ(チョウツガイ)を壊す原因となります。
必ず真ん中を持ち上げましょう。少しずつダメージを受けます。
持ち上げるときはゆっくりと。やたらと開け閉めはやめましょう。
 
NPO法人 PC-you援隊 2011年4月